不要なSNS疲れのこんな世の中じゃ

こんばんは、カマカマです。

今日、こんなニュースが流れていましたね。

jp.techcrunch.com

facebookが公開されて13年、日本に上陸して8年。

SNSは爆発的に広まっていきましたね。

日本でもmixiTwitterInstagramなど様々な種類のSNSが流行っている世の中です。

確かに、SNSは世の中をとても便利にしていきました。

  • 久しく会っていなかった人と連絡が取れる
  • 会ってない人でも近況がわかる
  • 新しいコミュニティを形成できる
  • 発信力次第では、インフルエンサー等「何者」かになることができる

と、挙げればキリがないと思います。

が、しかし!いいことばかりではない!

SNSで普通に生きていると出会わない問題を抱えることもしばしばあります。

この前、ちょうどそんなトラブルに出会いましたのでご紹介。

SNSトラブル例

 AくんはよくTwitterをやっています。Aくんのアカウントは鍵がついており結構愚痴を書きなぐっているようなアカウントです。

その中のフォロワーには、アルバイトの雇い主(Bくん)もいます。

それは、とある現場で起きました。

現場ではBくんの同業者もいたのですが、どうもその人のAくんへの対応が非常に悪かったようです。

もちろんAくんは納得いかずTwitterにボロクソ愚痴を書いていました。

が、しかしBくんは、そうやって書き込むことをよく思ってなかったようです。まぁ、特に同業者の人とは年も近く仲良しこよしですから余計ですよね。

修羅場は突然に・・・

そんなこんなを知り合いのところで相談していて、どうにかならないかと息を荒くしていました。

が、しかしそこにたまたま本人登場。

はい、修羅場♪

そこからはなぜか、

Bくん「いつから嫌いやったん?」

Aくん「○○のときから嫌いでした」

Bくん涙目、Aくんなぜか高圧的。謎の立場逆転。

まぁ、すったもんだありながらどうにか解決しました。

無理して見る必要はない

結局、何が言いたかったかというと、

  • 嫌であったらフォローを外す
  • ブロックする

等できるのに見てトラブルになってしまうというSNS疲れの典型みたいなことが簡単に起こるということです。

フォローなんて数多くいる人は減ってもわかんねーよという感じだと思います。

が、人によってはフォロワーはずすと「私なにか悪いことしました?」と直接言ってくる人もいたり・・・SNSをやること自体で問題に巻き込まれていく悲しい現実・・・。

まぁ、SNSは使い方のスタンスが問われる時代になったということでしょう。

疲れない程度に、有用になるようにSNSは使っていきたいですね。

最後にSNSのやりとりで改めて気づいたことでお別れです。人間は難解な生き物だなぁ・・・。

ローストビーフ食べたい

それは金曜日のことだった。カマカマです。

 

「ローストビーフ食べたい」

 

決して

 

 

Iyi atiyorsun dediler @nba #saltbae #saltlife #salt

Nusr_et#Saltbaeさん(@nusr_et)がシェアした投稿 -

塩もこみちことヌスラト・ガネーシュさんを直前に見たからではない。

ローストビーフ食べたい。

ローストビーフを作ろう

ちなみにレシピはこれ。

cookpad.com

このレシピから変更したことは

塩⇒トリュフ塩に変更

サラダ油⇒オリーブオイルに変更

そのくらいです。

お肉。オージービーフ。

f:id:lognoteplus:20170610222823j:plain

 

オリーブオイルで焼きます。この時表面は強火で短時間で焼いた方がいいかもしれないです。肉のうまみを閉じ込める。

f:id:lognoteplus:20170610222820j:plain

 

沸騰したお湯でで3分。その後、火を止めて18分。

f:id:lognoteplus:20170610222816j:plain

お見事です。でこうなる。今日はわさび醤油でローストビーフを頂きました。

ただ1つ失敗したのが欲張って厚く切りすぎた・・・。食べにくい・・・w

f:id:lognoteplus:20170610222807j:plain

 

その他付け合せのレシピ紹介

ちなみにその他付け合せのレシピは

キャベツのゆかり梅和え

材料

  • キャベツ
  • ゆかり
  • 梅干し

1.キャベツは、1センチ角に切ってレンジでしんなりするぐらいにチンする。(量にもよりますが、1~1分半程度)

2.ゆかりと種を取った梅干しを和える。

 

梅干しが入っているのでさっぱりです。普段のご飯の付け合せにもGOODです。

今回こんなにざっくりなのは、余ったキャベツ全投入だったからです。

 

ツナのパテ

材料

  • タマネギ(新たまねぎだとなおよい)1/4コ
  • KIRIのクリームチーズ 1個
  • シーチキン 1缶
  • オリーブオイル 小さじ1
  • レモン汁 小さじ1
  • 塩・こしょう 少々

クリームチーズがない場合はマヨネーズでもいいですよ。あんまり入れすぎると水っぽくなるので味の濃さは塩コショウで調節したほうがよいかも。

1.タマネギはみじん切りにして電子レンジで1分チンします。

2.温かいうちにKIRIのクリームチーズを投入。チーズをタマネギの熱で少し溶かします。

3.シーチキン投入。あとは調味料も投入。混ぜる。

f:id:lognoteplus:20170610222811j:plain

 

タマネギは電子レンジでチンすることで甘みが増します。新タマネギだったらもっと甘くなると思います。

あとは、酸っぱさ等好みがあると思うので調整してください。

ちなみに塩はトリュフ塩です。

 

という感じで男の酒飲みレシピで家のみを楽しむ感じです。

よい週末でした。

【山崎蒸留所】良質なウイスキーを求めて

こんばんは、趣味がお酒のカマカマです。

 

それは2月のことでした。

 

f:id:lognoteplus:20170609204501j:plain

 

ここは阪急の大山崎駅

 

たまたま出張で大阪へ行き

たまたま午後から時間が空き

たまたま見学の予約が取れました。

 

蒸留所の予約の方が早かったけど

いやぁ、運がいいですね。

f:id:lognoteplus:20170609204746j:plain

山崎蒸留所です。

山崎蒸留所へ行き方

 大山崎駅からだったらこんな感じです。

ちなみに

阪急:梅田駅~大山崎駅 320円

JR:大阪駅山崎駅 460円

と阪急のが安いんです。少し時間(20分ちょっと)はかかりますが。

f:id:lognoteplus:20170609232234j:plain

山崎駅はこんな感じ。

山崎駅ホームには、京都と大阪の県境がありまして非常に珍しい駅となってます。

今回は、大山崎駅から蒸留所まで行ったので確認はできてません・・・。

蒸留所の方向に歩いていくと

f:id:lognoteplus:20170609232602j:plain

こんなふうにのぼりがたってますので迷うことはありません。

人もそちらのほうに歩いていっていますのでついていけば到着します。

 

※山崎蒸留所は、現在売店に入るのも予約がいる状況です。空き状況では、予約なしでも入れますが団体等いた場合本当に入れませんのでご確認を。

 

受付で入管手続きを済ませいざ売店&ウイスキー館へ。

f:id:lognoteplus:20170610013651j:plain

サントリーウイスキーの歴史と歴代樽のウイスキーの展示が行われています。

f:id:lognoteplus:20170610014114j:plain

1階は、スチルポットのレプリカがあり、試飲も行っています。

2階は売店があります。ウイスキーブームの影響でウイスキー自体は品薄状態ですがグラスや蒸留所限定のおつまみ等が豊富にあります。

 

いざ見学ツアーへ

まずは、ウイスキー館で作る工程の説明と映像を見ながら概要を学んでいきます。

その後工程順に見学して行きます。

今回見学した中で一番印象に残ったのは、

f:id:lognoteplus:20170610125658j:plain

ここ、蒸留室!

f:id:lognoteplus:20170610013659j:plain

ポットスチールが大小様々並んでいました。

そして、ニューポットがジャバジャバと。これに出会う可能性があるのは最低でも3年は先と思うと、時間のかかる仕事だなと感慨深くなりました。務めている人は、ひょっとしたら出荷される頃には働いていないかもしれないですからね。

f:id:lognoteplus:20170610013654j:plain

 

そして貯蔵室

f:id:lognoteplus:20170609232248j:plain

貯蔵室の樽の年数を確認して回りました。

決して業者ではない。

2010年の樽が多く貯蔵されていたことから、山崎12年の流通量が増加するのは最短で2022年かなぁ…。先は長い…。

 

見学が終わったところでテイスティングタイム